FC2ブログ

記事一覧

H旧オリエント鉄球〉M16対応

こんにちわ
15382997600.jpeg 
台風ですね。
嵐に負けて引きこもっています。

先日質問のあった旧オリエント鉄球の、M16対応です

前提条件として、ヘッド側は鉄球で有ること
ボディ側はM16ネジが取り外せる事です

又、TPE製の中国品は結構適当に作ってるのでM16有効ネジ穴がバラバラと予想しています。
そこは各自で調整してください。

鉄球ヘッドは、2種類確認しています。
横からネジ止されているのをAT
鉄球を直接ねじ込んでるのをBT
と略します

まず用意するもの

M16ホーローネジ
 ATは長さ25mm
 BTは長さ15mm
M5六角ボルトセット
 長さはホーローネジによります
 15382997300.jpeg このようにホーローに入れてみて、M5ネジの長さを測ります
 ATで、25mm〜30mm
 BTで、10mm〜15mm

メタルロック
15382996820.jpeg 


接着で、外れた時にどうするんだよ?
ネジ奥に入ってる抜けないじゃん!
って思われる人もいると思うので

M16ホーローネジの六角穴(8mm)に、M5六角ボルトの頭(8mm)なので
綺麗に収まります
もし外れても、ホーローは六角穴が、上部にあるので、8mm六角レンチを使用して
ボルトは頭が外の出ているのでレンチを使用して
外す事ができます。

では付け方

まず鉄球を外します。

ATは、ネジを外します。
意外と作業スペースが狭いので外しにくい場合はL型に曲がった+ドライバーが
市販されてるのでそれを購入するか、ザウルス購入で外してください。

BTは鉄球を掴んで回せば取れます

ネジの用意

M5ボルトに、ナットを入れていきます。
それをホーローの穴に入れてみます。
15382995130.jpeg 
ナットはなるべくホーローの六角穴から出ないように調整してください。
ただ安定が増すので入るだけ入れて下さい。
私が用意したホーローにはナット3つ入ったので3つ入れました。
これでホーローとの接着面を増やします。

接着して行きましょう。
メタルロックの説明書をよく読み2液混ぜます。
M5ネジ頭、ナットのサイドにさっと塗って行き、奥になるボルトの頭に少し多めに塗ります。
それをホーローに入れてホーロー六角穴に出ているナットを埋める様に塗ってください。

完全乾燥1時間と書いてありますが、1日ぐらい放置しときましょう。

乾いたらヘッドに取り付けます。
直接付けてもいいですが、ワッシャーを入れておくと傷がつくのを防げます。
15383047640.jpeg 

最後までねじ込めば完成。
緩むとヘッドのネジが痛むので、少し固めで止めておいてください。

15383050920.jpeg 

こんな感じでどうでしょうか?



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

No title

ありがとうございます!
それと、TPEとシリコンは接触するとTPEに悪影響があると聞きますが、接触部位に何かうまい対策がありましたらご教授下さい。

Re: No title

> ありがとうございます!
> それと、TPEとシリコンは接触するとTPEに悪影響があると聞きますが、接触部位に何かうまい対策がありましたらご教授下さい。

厚手のナイロン袋をうまい具合に切って被せるのが一番やり易いと思います

コメントの投稿

非公開コメント