FC2ブログ

記事一覧

オリエント>LEVEL-D変換アダプター球体+

このパーツはオリエントドールの体にLEVEL-Dのヘッドをつけられるようにするパーツです。
更に球体を追加して可動範囲をあげれるようにしました。
現在対応はナノの、アンジェアダプターのみです。
又、取り付けはLEVEL-D付属のロングボルトを使用して、合わせています。
位置の調整については、こちらをご覧下さい。

用意するもの
オリエント>Level-D変換アダプター球体+
M8ナット

付け方

まずパーツをばらします。
20160925202818c9a.jpeg
20160925202818d77.jpeg

次に球体を研きます。
球体は大小2種類入っています。
大小パーツがある意味は、小は滑らすのが目的で、大はグリップさせるのが目的です。
差は0.1mmなので、見た目では分かりませんが、六角の穴が浅い方が大。深い方が小になります。

その小を球体軸受けを使用して、円を書くように動かしてください。
写真ではテーブルに置いてますが、両手を使ってやった方が楽です。
その後上蓋のパーツを使用して、同じように、ただし軽めで動かしてください。
大パーツも軽めで(やり過ぎると滑るので)同じようにしてください。
20160925202906003.jpeg
20160925202904359.jpeg


LEVEL-D付属のロングボルトをボルトとワッシャーに分けます。
そのロングボルトを六角の穴が空いてる方から球体に通します。
次に上蓋を被せて、下から球体軸受けを入れます。

ドール本体から純正アンジェアダプターを外します。
この時ネジの外す順番は時計回りで少し緩めたら次へっと繰り返しながら外してください。
中心にバネが入っているので、一気に一個づつ外すと本体のネジが痛んでしまうのでそれを防ぐために守ってください。
そして事前準備したパーツをネジ止めしていきます。
ネジは純正アンジェアダプターに着いていた物を使用します。
絞め付け方は上記の感じに時計順で少しづつしめていってください。
201609252029067bf.jpeg


次に小さい円筒を入れます。
円筒は2種類あり、球体(小)に対しては短い方。
球体(大)に対しては長い方を入れます。
次に大きいのを置きます。
2016092520290809f.jpeg


ヘッドを差し込み、上からLEVEL-D付属のワッシャーを置き、M8ナットでしめます。
20160925202951f0f.jpeg


ウィッグを整えれば完成です。
20160925202952e2f.jpeg
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント